私たちについて


絃を弾いたときに震える空気。
そこに語る音が漂うと雲が沸く。

雲の中から現れる紐で結ばれた平家物語の巻。
研鑽と礼節で自分の存在を忘れたとき
紐がほどけて物語が開く。

ひとつひとつの物語を大切に紐をほどきたい。
800年を漂う平家物語の皆様にお会いしたい。
その気持ちで今日も学びを続けています。

盛典より
私が平家物語を読んだのは30代後半です。多忙で心身のバランスを崩したときでした。上下巻の簡単な物語を読んで大筋を知り、大河ドラマ「平清盛」を見て人物像を知り、そこから全巻を読みました。もともと古典が好きだったわけでも歴史が好きだったわけでもなく、芸事にゆかりのある家で育ったのでもありません。簡単なきっかけを足掛かりに少しずつ興味を広げたら心に沁みたのが平家物語でした。師匠の元で平曲を学んでいる今も分からないことだらけですし何もかも拙いのですが、物語に没入して、見えない景色を想像する時間は私の身体と心を強く支えています。家族の絆、主従の絆、男女の絆、誰かのために命を懸ける、もう会えない時間を想う、立ち去る姿に涙を流す。敵味方善悪史実創作が複雑に混ざり合った平家物語は、40代の私に様々なことを気付かせてくれます。

平家物語の話を全部知らなくても、歴史に詳しくなくてもいい。あの時の私のように物語に没入することで日々の喧騒から離れたり、景色を想像することで自分の感性を磨いたり、ささやかでも必要な方に平家物語が届くきっかけになれば嬉しいです。


琵琶
平家琵琶雷伝(らいでん)
五世石田不識作、名前の由来は雲を呼び降りてくる雷から。

奏者
盛典(もりのり)
芸事に縁もゆかりもない家庭で育ち、20代から通販と販促企画デザインに従事。30代後半に仕事で心身を崩したときに平家物語と出会い、没入することで救われる。2019年より薩摩琵琶正派・平家琵琶奏者須田誠舟氏に師事中。コロナ禍をきっかけに学びを深めることを決意する。2024年から様々な場所、様々な形で平家琵琶で聞く平家物語を展開している。

須田誠舟 https://www.sudaseishu.com/ 
石田琵琶店 https://ishidabiwaten.com/

会員
日本琵琶楽協会 https://nihonbiwagakukyokai.jimdofree.com/

運営
株式会社 BRIGADE https://brigadejapan.com

登録商標第6526352号