『木曽最期』現代語訳あらすじを平家琵琶の語りから

平家物語『木曽最期』現代語訳あらすじを平家琵琶の語りから

ようこそお越しくださいました。
古文の勉強や平家物語、そして木曽義仲についての探求からこちらへお越しいただいた皆さま、ありがとうございます。このサイトは、平曲(平家琵琶の伴奏で平家物語を語るもの)の小さな演奏会や講座を行っている盛典のサイトです。

私たちについてはこちら
https://morinorijapan.com/about/

敦盛の最期の現代語訳もいかがですか?
https://morinorijapan.com/tale-of-the-heike/atsumori-saigo-part1

このページの内容
平家物語の中でも屈指のエピソードである『木曽最期』のあらすじと、平家琵琶の語りについてご紹介します。まだまだ拙いものですが、現代語訳を混ぜながら平家物語を平家琵琶で語る側からの視点で、魅力や表現を掘り下げていきます。また、後半に平曲『木曽最期』の演奏会についてもご案内しています。興味をお持ちいただけましたら、ぜひご覧ください。


『木曽最期』物語の背景
信濃国で挙兵した木曽義仲は平家を都から追放しましたが、都での評判は芳しくありませんでした。義仲やその軍を疎ましく思う人々が多かったため、源頼朝は義経と範頼を派遣し、義仲を追い詰めていきます。

『木曽最期』現代語訳あらすじ
最後の五騎にまで追い詰められた木曽義仲。義仲は女武者の巴に早く逃げるよう強く言いますが、巴は立ち去りません。そこに御田八郎師重が現れ、巴は最後の奮戦を見せます。その後、義仲の側に残ったのは今井四郎兼平。義仲はともに討ち死にしようとしますが、兼平は涙ながらに義仲に松原へ向かうよう促します。義仲が自害するまでのわずかな時間を稼ぐため兼平は奮戦しますが、義仲は松原へ向かう途中で薄氷の張った深田に足を取られ石田次郎為久の郎等に首を取られてしまいます。それを知った兼平は戦いを止め、太刀を口に含んで馬から飛び降りるのでした。

平家琵琶で語る平曲『木曽最期』の流れ
平家琵琶の伴奏で平家物語を語る平曲(へいきょく)で演奏される『木曽最期』は、信濃を立つ木曽義仲が連れている巴の描写からはじまります。大津の打出浜で今井四郎兼平と合流した義仲は兼平に、「汝が行方の覚束なさに多くの敵にうしろを見せて是までのがれたるはいかに」と言い、兼平も「兼平も勢田にて討死に仕るべう候ひしかども御行方の覚束なさに多くの敵に後を見せて是までのがれ参って候」と応えます。

その後三百騎程馳せ集まった勢とともに、甲斐一条次郎六千余騎の軍に駆け入ります。ここでは義仲の装束や名乗りの大音聲、軍の様子が力強く語られます。その後わずか五騎になってしまった中に残る巴に、義仲は離脱を促し、巴は恩田八郎師重を相手に最後の軍を見せ東国へ去っていきました。ここで共に残る手塚太郎が討ち死にし、手塚の別当が落ちていった様子が静かに語られます。

その後、義仲と兼平のふたりを様子を表す曲節に合わせて義仲の言葉が語られます。「日頃は何とも思えぬ鎧が今日は重うなったるぞや」。兼平は義仲を励ましながら、射残している矢があること、その矢で自分が時間を稼ぐ間、義仲に自害をするよう促します。義仲は、「所々で討たれんより一所でこそ討死をもせめ」と馬を走らせようとします。ここで兼平は義仲の馬の水付に取り付いて涙を流しながら言います。「弓矢取は年頃日頃いかなる高名候へども、最期に不覚しぬれば永き瑕にて候なり。御身もつかれさせたまひ候ひぬ、御馬も弱って候。」

このまま誰とも分からない郎等に首を取られては悔しくてならないと、義仲を粟津の松原へ向かわせた兼平は只一騎、追いかけてくる五十騎ばかりの勢の中へ駆け行ります。ここで兼平の名乗りの大音聲、奮戦の様子、兼平の鎧に矢一つあたらない様子が声高らかに語られます。

場面は移って義仲が松原に駆けている途中、薄氷の張った深田に足を取られてしまい、身動きが出来なくなる様子が語られます。兼平の行方がどうなったかと振り向いたところへ、三浦の石田次郎為久が放った矢が義仲の内兜を射抜きました。義仲は石田の郎等二人に首を取られてしまいます。

やがて義仲の首を太刀の先に貫き、名乗りを上げる三浦の石田次郎為久を兼平は見ます。軍を語る力強い語りは悲しみを帯び「今は誰を庇って軍をすべきか、是見たまえ東国の殿原、日本一の剛の者の自害する手本よ。」そう言って太刀の先を口に含み、躊躇なく馬から飛び降りる様子が語られた後、さてこそ粟津の軍は破れにけれという言葉が続いて物語は幕を下ろします。

平家琵琶で聞く『木曽最期』
私たちは2024年から平曲の小さな演奏会を行っています。平曲『木曽最期』をお聞きいただく演奏会「木曽義仲は振り返る」をご案内します。

※音量にご注意ください※
木曽義仲は振り返る|冒頭
音声のみ5分33秒(木曽最期3分15秒~)

演奏会の日時、場所、お申込みの詳細はこちらからご覧ください

2024年7月30日(火)11:00~12:00
https://morinorijapan.com/lecture-and-performance/20240730

参加者全員で声に出して読む+平曲を聞く朗読講座もあります。

木曽最期【前編】
2024年9月27日(金)10:00~11:30
https://morinorijapan.com/lecture-and-performance/20240927

木曽最期【後編】
2024年10月25日(金)10:00~11:30
https://morinorijapan.com/lecture-and-performance/20241025



琵琶に興味が出てきたら
琵琶ってどんな種類があるの?平家琵琶と他の琵琶はどう違うの?琵琶の演奏会ってあるの?日本琵琶楽協会のサイトをご覧いただくと学びが深まるかもしれません。

日本唯一の琵琶楽総合実演家団体
日本琵琶楽協会 https://nihonbiwagakukyokai.jimdofree.com/
各流派の特徴を紹介するページ ▶こちら


ここまでご覧いただきありがとうございました。
いつかどこかでお会いできますように。




関連記事